タイヤ交換を行うタイミングやメリットとは?知っておくべき基本情報を解説

車を所有している場合は必ず経験するのがタイヤ交換です。
スリップサインというダイヤ溝の深さを示すマーカーが出るまで大丈夫と考えるのは早計です。
車のタイヤは命を預ける存在である為、妥協や安易に考えず、然るべき時には交換する事が重要です。
その然るべき時とはどういう時かを知っておく事で、より快適で安全なドライブが楽しめます。

タイヤ交換を行うタイミングやメリットとは?知っておくべき基本情報を解説

車のタイヤの寿命は、安全に走行できなくなった時と単純です。
タイヤの溝が1.6mm以下の時とヒビや亀裂が入った時が必ず交換する時期という目安です。
しかしそれはギリギリの段階であり、安全性の観点からはタイヤ溝が2.8mm以下でタイヤ交換が推奨されています。
タイヤは劣化すると走行距離やブレーキの反応などにも影響を及ぼします。
ガソリン代を削減したり天候に関わらず安全に走行する為には、まだイケるではなく安全である内にタイヤ交換をする事が優良ドライバーの基本姿勢となります。

タイヤ交換で静粛性が復活する理由とは?

タイヤ交換をすることのメリットは安全に車を走行させることが出来る点や、燃費の向上や乗り心地を快適にしてくれるなど様々あります。
タイヤ交換の目処は新品タイヤ装着から約4年から5年程度と言われていて、タイヤの溝の深さによってはそれよりも前に交換が必要となる場合もあります。
タイヤ交換は費用も高くなりますが、安全性の維持や快適性の向上の為に是非早めに行いたいメンテナンスです。
タイヤ交換をすることによって、乗り心地が良くなる理由はタイヤの溝と関係があります。
タイヤは日々の運転で劣化が進み、地面との摩擦によって元々ある溝がどんどん浅くなっていきます。
溝が浅くなると今まで地面をグリップしていた力が弱まり、タイヤに当たる振動を感じやすくなります。
またスリップしやすくなることで、車の停車時に大きな音がする場合もあります。
交換をしてタイヤの溝が正常な状態となることでグリップ力を強めて、振動を少なくしたり音を感じにくなり静粛性が復活します。

タイヤ交換を行う4つの方法と費用相場

タイヤ交換を行うには主にディーラーやタイヤ専門店、ガソリンスタンドや自動車整備工場といった4つの方法が利用されています。
タイヤ交換の作業代金は依頼するお店によって大きな差がありますが、金額に応じて様々なサービスが受けられることもあり、それぞれの違いや費用相場を見比べた上で自分が利用しやすいお店を選ぶようにしましょう。
まずディーラーは8,000~40,000円の相場でメーカー純正タイヤの在庫が豊富であり、サポートや保証が手厚いので安心して利用できることが特徴です。
タイヤ専門店は6,000~14,000円の相場で、目的に合わせた豊富なタイヤが揃っており、品質管理もしっかり行われています。
ガソリンスタンドは4,000~20,000円で、タイヤ持ち込み可能になっていることが多く、会員向け価格やサービスが受けられる場合があります。
そして自動車整備工場は6,000~14,000円で、タイヤ持ち込み可能な場所が多く修理や整備など柔軟に対処してもらえるといった特徴を持ちます。

タイヤ交換でよくあるトラブルとは?

車を運転すると燃料を消費するのと同時にタイヤが消耗しています。
使い続けると溝が薄くなってしまい、滑りやすい状態になるので交通事故を起こす確率が高くなります。
また、消耗すると滑りやすくなることに加えてパンクしたり、硬くなったりといった状態も見られるでしょう。
いずれも放置したままでは危ないので、早めにタイヤ交換を行うのが賢明な判断と言えます。
タイヤ交換を行う場合はよくあるトラブルについて知っておく方が安全です。
特に自分で行うケースでは知っておくことで危険な状況を回避しやすくなるでしょう。
たとえば、車体を持ち上げる時に使用する工具が外れることによって、車体と地面の間に挟まれるケースがあります。
身体が圧迫されますし、車体にぶつかることで怪我をすることもあるので危険です。
他には自分でタイヤ交換をする時はボルトの開け閉めで腰を痛めることがあります。
腰が痛い時は避けるべきですし、痛めるリスクがあるならプロに依頼するのが無難です。

タイヤ交換を行うことで安全性が向上する

タイヤ交換をするメリットは色々ありますが、安全性の向上が一番にあげられるでしょう。
長期間同じタイヤで走行していると、溝がすり減ってスリップしやすくなります。
特に雨などで道路が濡れている時は、その危険性が高まります。
しかし、新品にタイヤ交換をするとゴムの柔軟性も高くグリップ力が高まるため、道路のコンディションが悪くてもブレーキが利きが良くなり安全です。
また、同じタイヤを何年も使っているとゴムの弾力が劣化し、乗り心地が悪くなります。
タイヤ交換をすると、タイヤの柔軟性が上がり乗り心地も向上します。
そのほかにも、タイヤ交換をすると燃費の向上が期待できます。
タイヤが転がる時の抵抗が少なくなるため、馬力を使わずに走行できるからです。
車全体のパフォーマンスが上がるので、車自体の寿命も延ばせるでしょう。
交換の目安は期間にすると4年~5年ごと、走行距離にして3万2000kmを目安にするのが良いとされています。

タイヤ交換に関する情報サイト
タイヤ交換の基本情報

車を所有している場合は必ず経験するのがタイヤ交換です。スリップサインというダイヤ溝の深さを示すマーカーが出るまで大丈夫と考えるのは早計です。車のタイヤは命を預ける存在である為、妥協や安易に考えず、然るべき時には交換する事が重要です。その然るべき時とはどういう時かを知っておく事で、より快適で安全なドライブが楽しめます。

Search